新着情報

2016/09/03

放っておくと危険な仕事ストレス

Pocket

ストレスから起きる病気

誰もが仕事に対してストレスを持っていると思います。ストレスが大きくても小さくてもそのままにしてためておくと、体は少しずつ変調をきたし最終的には大きな病気を患ってしまう恐れがあります。ストレスをためることで起きる病気は様々なものがあり、最も多いのが心の病気です。ストレスは精神的な要因がほとんどなので、どうしても心の病気を患いやすくなってしまいます。
精神的に不安定になると、不眠症や頭痛、吐き気、体の倦怠感、仕事に対する意欲が出ないといった症状が現れ、最終的には鬱病になってしまう可能性があります。鬱病になってしまうと日常生活にも支障が出てしまい、仕事ができる状態ではなくなります。鬱病を患う人の特徴は、ストレスを上手に発散できない、仕事上での問題を自分一人で抱え込んでしまうといった特徴があります。このような性格の人は精神的ストレスをためこみやすく、病気になりやすいといえます。

ストレスから起きる病気

ストレスをためない仕事の仕方

仕事でストレスをためこむ原因は、仕事上での問題を自分一人で解決してしまうことです。自分一人で解決せず、周りの同僚や上司に相談をすることで仕事のストレスは減っていきます。特に新社会人の場合は初めて社会に出て仕事をするので、自分一人で仕事をこなすということはまず無理です。しかし、自分だけで何とかしようとするあまりストレスをためこみ、精神的にまいってしまうというケースを多く聞きます。新社会人は仕事ができなくて当たり前なので、上司や同僚に頼ることが必要です。そうすればストレスを軽減することができます。
他の社会人も同様です。特に40代になると役職が付き上司と部下の橋渡し的役割を持つ中間管理職になることが多いので、仕事や人間関係に対する責任がストレスに直結してしまうことが多くあります。仕事に追われて精神的に休まる時がないという場合は、やはり同僚にサポートしてもらうなどの対策を取る必要があります。

ストレスをためない仕事の仕方

仕事と生活にメリハリを

日本人は勤労でまじめな人種と言われるように、仕事に対し真摯で、中途半端にできない人がほとんどです。どんなに体調が悪くても、仕事があるからと言って会社を休もうとしません。しかしこのことが最終的に自分自身を追い詰めて病気になってしまう場合があります。自分の体調を考えながらきちんと仕事とプライベートを区別して仕事にメリハリを作ることで、ストレスをためず病気になることもありません。

仕事と生活にメリハリを

今の職場に限界を感じたら読む記事

転職には求人サイトを利用

40代からの転職はとても厳しいと言われています。しかし、40代でも積極的に採用している業種もあります。これらの情報を求人サイトを利用して集めることで、転職を成功に導くことができます。

詳細はこちら