新着情報

2016/09/06

40代転職成功のコツとは?

Pocket

自分の希望に合う仕事を選ぶ

転職先を探すときは、しっかりと時間をかけて自分の希望にあった仕事を探すことが大事です。焦って会社を辞め、転職活動に専念しても40代の場合なかなか転職先が決まらないことが多いです。そのため離職期間が長くなり、生活が苦しくなってしまう恐れもあります。また、40代の転職は人材と企業側の意図がマッチしないことが多いです。転職先の仕事内容などをじっくり時間をかけて調べ、自分に合った職場を見つける必要があります。このように、40代で転職する場合は今の会社や現状に不満やストレスがあったとしても、できるだけ慎重にゆっくりと時間をかけて転職先を探してから退職することが転職の成功につながります。

自分の希望に合う仕事を選ぶ

経験を活かせる職場を選ぶ

今の仕事に面白みを感じられなくなり、全く違う業種や職種にチャレンジしたいと思う人もいると思います。独身で更に20代の様なフレッシュな気持ちで頑張れるならそれも良いかと思いますが、40代で転職を考える場合は、なるべく今までの経験や知識を活かせる仕事や業種を選ぶ方がリスクも少ないです。いくら今の仕事に嫌気がさしていても、職場が変われば気持ちも変わり楽しく働ける場合もあります。また、結婚して家族を養わなければいけない立場なら、ある程度の給与も必要です。40代から未経験の職種へ転職する場合は給料アップはほとんど見込めません。しかし、今までの経験を活かせる職場であれば、自分のキャリアを活かすことで年収をアップさせることが可能です。

経験を活かせる職場を選ぶ

学ぶ気持ちを持つ

40代が転職を成功させるためには、謙虚であることが非常に大事になってきます。転職して会社に入ると、年下の先輩が沢山いるはずです。社会人としての経験は40代の方が豊富でも、その会社での経験が長い人は年下であっても全て先輩です。いままで自分はこういうやり方で成果をだしていたと、自分のやり方を貫くのではなく、転職先のやり方に従い仕事をすることが大事になります。そして、その会社のやり方を知っているのは、先に入社していた先輩です。たとえ年下でも、先輩に仕事の方法を学ばなければなりません。こういった年下の人に対しても常に謙虚で学ぶ気持ちを持つことが大切です。
実際に40代で転職したものの、転職先で「年下にこき使われるのが耐えられなくなって辞めた」という人も少なくありません。年齢に関係なく謙虚に学ぶ気持ちを忘れずにいれば、あなたの転職は成功するでしょう。

学ぶ気持ちを持つ

今の職場に限界を感じたら読む記事

転職には求人サイトを利用

40代からの転職はとても厳しいと言われています。しかし、40代でも積極的に採用している業種もあります。これらの情報を求人サイトを利用して集めることで、転職を成功に導くことができます。

詳細はこちら