新着情報

2016/09/02

女性に多く見られる更年期障害

Pocket

働き盛りの女性の悩み

まだまだ仕事を頑張りたいと考えている40代の女性の多くが、更年期障害について悩んでいます。ネットの検索ワードでも、「更年期」「更年期の症状」「更年期障害」などが上位を占めています。雑誌でも更年期障害の特集が組まれていたり、新聞やテレビでも更年期障害や症状に関する番組やCM、広告をよく見るほど、悩んでいる女性はたくさんいます。では更年期障害についてどこまで理解していますか?40代の女性が悩んでいる症状は、本当に更年期障害の症状なのでしょうか?更年期障害と思い込んでいるだけで、実は他の病気の前兆かもしれません。更年期障害とその症状について詳しくご紹介します。

働き盛りの女性の悩み

更年期とは

更年期は、閉経をはさんだ前後約10年の期間を言います。閉経とは月経(生理)がなくなることで、医学的には最後の月経から1年間過ぎても月経がない状態を閉経としています。女性の卵巣機能は30代後半から落ち始め、40代で卵巣から分泌される女性ホルモンが激減し、女性の体に様々な変化と症状が起こります。そして60代には女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)がほとんど分泌されなくなります。
日本人の平均閉経年齢は50.5歳と言われているので、45歳~55歳が「更年期」と言われています。一般的には40代半ばから更年期が始まると言われていますが、早い人では30代後半から40代前半で更年期に突入し、更年期障害の症状が出る人もいます。

更年期とは

更年期障害とは

更年期の女性が体や心にあらわれる不調のことを更年期障害といいます。更年期障害の原因は主に女性ホルモンの低下です。女性ホルモンは妊娠や出産、女性らしい体への影響だけでなく、健康を維持する大事な役割を果たしています。前述のように更年期には個人差がありますので、卵巣機能が弱い女性や卵巣機能の低下が早い女性は、30代から更年期障害の症状に悩む人もいます。
更年期障害の症状は、疲れやすい、ほてり、のぼせ、多汗、冷え性の悪化、頭痛、めまい、イライラするなど多くのパターンがあります。そのため更年期障害の症状と種類を把握し、症状にあった対処法や治療法を知っておくことが大事です。更年期障害の症状がひどい人は生活や仕事にも支障が出てきますが、更年期は女性の誰もが経験する時期です。あらかじめ更年期について知識を増やし、予防・対策・治療法を知っておきましょう。また、症状がひどい場合は専門医へ相談するのも大切です。

更年期障害とは

今の職場に限界を感じたら読む記事

転職には求人サイトを利用

40代からの転職はとても厳しいと言われています。しかし、40代でも積極的に採用している業種もあります。これらの情報を求人サイトを利用して集めることで、転職を成功に導くことができます。

詳細はこちら